運営委員ボイス

安曇野スタイル2013・4日目

安曇野スタイル2013・4日目の様子です。

最終日のこの日は、
穂高駅前から広域農道へ出て
松川村へ向かうルートで廻ってみました。

 

 

 

 

クラフトショップ安曇野

穂高駅前にある、安曇野作家の作品を集めたクラフトショップです。
安曇野スタイルの期間中は2階も展示室となり、 
いつも以上にたくさんの作品がご覧いただけるようになっておりました。

そして、安曇野スタイル期間中に
撮影ボランティアとして活動してくださっている
翻訳家の鈴木さんにもお会いしました。
実はこのあとも「れんげの家」さんで再びお会いしたのでした。
いつもありがとうございます!

 

 

 

 

瑠璃工房

こちらでは朝早くから、
ブレスレットとネックレスのワークショップで 
とても賑わっておりました。

展示を観るだけではなく
つくる楽しみを感じられる催しとして
とてもいい企画です! 

 

 

 

里果抄 まる山

安曇野市民から愛されている老舗お菓子屋さん。
安曇野スタイル期間中には
栗おはぎの実演販売を行っておりました。
できたてをその場で食べておられるお客さまもおられました。

実演でお忙しいのに
安曇野スタイルお客さまアンケートの回収も積極的に行っていただき、
とてもありがたかったです!
 

 

 

  

家具とキッチンのミッチェルディーバー

輸入雑貨とインテリアを扱うショップなので、
寝室から浴槽まで暮らしのヒントが詰まっています。
期間中は「明石焼き」が食べられるようでした! 

 

 

 

 

 
クラフトHAGI  萩原 実 

安曇野ではお馴染みの
ハーブボックスがたくさん並んでおりました。
お箸箱なども並んでいて個人的に「欲しいなぁ」と。
今後の購入リスト入り決定!となりました。。。

 

 

 

 

れんげの家の ぼん・まるしぇ

地元新聞記事に連日取り上げられていた
福祉施設「れんげの家」が安曇野スタイル初参加となりました。
連日、予想以上の来客があったそうで、
「安曇野スタイルに参加してよかった!」と、とても喜んでおられ、
運営側としても嬉しい限りです。

ちなみに、この日の私のお昼ご飯は、
こちらの「栗おこわ」をテイクアウト。 とてもおいしかったです!

以上、安曇野スタイル2013・4日目の様子でした。

ただ、実はもう一軒伺う予定だった夜のイベントが、
4日目ではなく、2日目と3日目でした。。。(嗚呼、勘違い。。。)

その夜のイベントというのは、
穂高交流学習センター「みらい」での
夜のワークショップに出かける予定でした。。。

勘違いしていてスイマセンでした。。。
代表者失格ですねぇ。。。反省しております。。。
という訳で、最後の最後で、
なんだか後味の悪い終わり方となってしまいました。。。

以上、なんだかんだありましたが、
安曇野スタイル2013が終了致しました。

お出かけくださったみなさま、どうもありがとうございました!
参加者のみなさまもおつかれまでした!

しばらくひと息入れたいところですが
今度はアンケートの集計などが待っておりますので、
まだまだ安曇野スタイルの活動は続きます。

またその模様もブログにて報告したいと思いますが
ひとまず安曇野スタイル2013は終了したということで、
関わってくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました!

代表:成瀬

 

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013・三日目

安曇野スタイル2013・三日目の様子です。

朝一番に、
観光情報センターへガイドマップの補充と
あづみ野周遊バスの利用状況を伺いに出向き、
そのあと午前中は、三郷地区・穂高有明地区を廻り
最後は、夜のイベントの朗読会へ伺ってきました!

 

 

 

穂高駅前・観光情報センター

いつもお客さまへ丁寧なご案内をしてくださっています。
あづみ野周遊バスの運行もとてもとても助かっています。
ありがとうございます!

 

 

ひつじ屋

穂高駅までレンタサイクルとカフェ・ギャラリーをされています。
こちらにも朝一番にお邪魔してガイドマップを補充して
お客さまへの配布をお願いしました。 ご案内ありがとうございます! 

 

 

ギャラリー空

安曇野スタイル2013を開催している中で
一番南に位置する会場です。 
朝早くにも関わらずお客さまが訪れておられていて、
お話が弾んでいる様子でした!

 

 

 

 

安曇野地球宿

本業は宿ながらも
普段からさまざまなイベントなども企画されており、
安曇野スタイル期間中もクラフト展やカフェなど盛りだくさん。 
家族でお出かけになられているお客さまが多く、
おいしそうなパンやケーキがたくさん並んでいました!

 

 

 

 

アトリエむう いとうよしこ/Kucha 上野みどり/柳澤千代美(協賛出店)

安曇野スタイルの人気会場で
今年も初日からたくさんの人訪れた模様です。
一度足を運べば、きっと、人気の秘密がわかる筈!

 

 

 

制作集団MUEN

中信美術会の有志による作品展を開催。
建物の裏には中房川が流れる
マイナスイオンたっぷりの渓谷と紅葉に癒されました!

 

 

 

 

 

 

ペンギンハウスギャラリー

名の通り、ペンギンをテーマにした作品展。
作品展がないときには宿泊もできるので、
一度泊まってみたいと思われた方は、ぜひ!

 

 

 

ろっぢ安曇野遊人・夜のイベント(小さな秋の朗読会)

会場視察と写真撮影だけして
お邪魔にならないようにパッと帰ろうと思っていたのですが、
朗読会という独特の空気感もあり
結局、帰るタイミングを見失ってガッツリ聴き入ってしまいました。。。

4名の方の朗読はみなさんとてもステキで、
朗読会終わりの談笑も楽しそうでした!

 

以上、安曇野スタイル2013・三日目の様子でした。

 

代表:成瀬

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013・二日目

安曇野スタイル2013・二日目の会場の様子です。

本日もお電話の問い合わせが殺到し、 
会場滞在時間よりも電話の応対時間の方が長い状態でして
やはり、予定通りには廻れませんでした。。。

が、

会場を移動している道中には
FM長野さんの番組で
安曇野スタイル2013をご紹介いただいた放送を聴きながら
楽しくドライブできました!

ではでは、
明科・池田町を中心に巡った二日目の様子をご覧あれ。

 

 

 あたらしや「ハナレ」
布・色あそび なおみ/友禅工房 香庵/藤田千絵子

今年は「明科せせらぎ会場」ではなく、
なおみさんのご自宅を会場にした三人組。

昨日放送のSBCニュースワイドにも紹介されており、
今日も朝から盛況なようでした!

 

 

 

 

 

Color from Nature 安曇野賦布

今回、初めてお邪魔したのですが、
作品・しつらえ・建物・ロケーション....
全てにおいてとにかく素晴らしいのひと言。

奥様は、長野県知事賞を受賞したお着物。
ご主人は能面をつくられているそうです。

 

 

 

 

 ヒロコ商店

ヒロコさん(お母さま)はエネルギッシュ。
葵さんは(娘さん)はシックモダン。
作風の違うお二人ですが、
やはり家族なのか自然な調和が居心地 Good です! 

 
 

 

 

 ギャラリー雲のゆくえ

このお年でコンピューターグラフィックスをされているとは。。。
何事も先入観を持ってはダメですねぇ。。。驚きました!
浮世絵のコレクションも展示中です!

 

 

 

 

 

 アツムイ窯

立派な古民家から北アルプスが一望できるアツムイ窯。
工房も見学させて頂き、
運営委員会の一員でもある森岡くんに
製作工程を丁寧にご説明いただきました!

 

 

 

 

BANANA MOON

自分のところを紹介してスイマセン。。。
毎年恒例のオリジナル紙芝居を行っている光景です。

ちょっと、わかり辛いですが、
一番上の写真の奥の方で紙芝居をやっているところです。
わかり辛くて、すんません。。。

 

 

ラノッキオ

今年、安曇野スタイル運営委員会として
力を入れている夜のイベントで、ペルー音楽のライブの様子です。 

カメラのシャッターを切る音が
申し訳なくて、申し訳なくて、
序盤だけお邪魔してきましたが、
夜の安曇野スタイル2013も
とても盛況のようで安心致しました!

 

以上、二日目の様子でした。

また明日もがんばってレポートしたいと思いますので、
みなさまも、ぜひぜひ安曇野スタイル巡りにお出かけください!

代表:成瀬

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013・一日目

安曇野スタイル2013がはじまりました!

午前中、会場視察をたくさん行うつもりでしたが、
地元新聞各紙の朝刊が安曇野スタイル2013の情報を紹介していただいた効果で 
朝から問い合わせの電話対応で思うように動けず、
殆ど観て廻ることができませんでした。。。

とはいえ、いくつかの会場には出向くことができましたので、
僅かですがご紹介させていただきます。

 

 

 

 ねぬのき@8人展

ご自宅を会場にされているのですが
お庭からお家の中へ入る動線に工夫を凝らした展示がされており、
自然に迎え入れてくれる感じがとても気持ちよかったです!

なかでも、木の葉や木の皮でつくられた風景画は、
とても奥行きがあって、一見の価値アリ。でした。

 
 

 

 

天満沢アートラボ・古川富章が描く安曇野

今年初参加の二組です。
CGで安曇野の風景を制作されているのですが、
なぜかウチ(BANANA MOON)の風景を作品にしたものもありました。^^

福祉施設「穂高わたぼうし」さんの商品なども
お取り扱いされているようです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎通子・遊印 望月信幸・ジュリア グリーフ(協賛出店)

お邪魔した際、ちょうど取材中の望月さん。
山崎さんは丁寧な作品説明をされており、
イギリス人のジュリアさんには陶器の作品を観せていただきました。

ジュリアさんの器の方が「和」の印象で
山崎さんの器の方が「洋」のテイストが入っているような気がするので、
手に取るお客さんの反応をしばらく見ていたいなぁと思いました。^^

 

また明日も午前中だけ会場視察へ出向く予定ですが、
問い合わせが殺到すると
大して数多くの会場を廻ることができないかもしれませんが
なんとか一つでも多く紹介できるようがんばります!

では、また明日も安曇野スタイル巡りをお楽しみください!

代表:成瀬

 

カテゴリー:

いよいよ明日から安曇野スタイル2013です!

いよいよ明日から安曇野スタイル2013です!
2013年11月1・2・3・4日の日程で開催致します! 

1日・2日は晴れるようですが
3日・4日は少々お天気が崩れる予報。。。心配です。。。

このところ、日中は暖かい陽気が続いておりますが、
朝・晩は冷え込みますので防寒着を持ってお出かけくださいませ。

それでは明日から四日間、思う存分たのしんで下さい!!

代表:成瀬

 

 

カテゴリー:

安曇野スタイルガイドマップの郵送について

安曇野スタイルガイドマップの郵送についてお知らせ致します。

明日から安曇野スタイル2013が始まりますので
郵送でお送りしてもお手元に届く頃には催しが終了している可能性がございます。

ですので、
当サイトの「ガイドマップ入手方法」or「安曇野スタイルガイドマップ」をご覧頂き、
インフォメーション会場などによる現地調達か
サイト上に掲載されているガイドマップをプリントアウトするなど、
ご都合の良い方法でガイドマップや情報を手に入れてくださいね。 

※開催日までに郵送が間に合わない可能性があった封書は
こちら負担で速達扱いにして返送しておりますが、
それでも開催日までにお手元に届かなかった場合は
上記の方法でガイドマップをご入手くださいませ。
よろしくお願い致します! 

代表:成瀬

 

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013・信越放送さんの取材

信越放送さんに安曇野スタイル2013の取材をしていただきました!

今日のところは代表者インタビューとイメージポスターの原画撮影、
そして、赤沼家の展示準備風景を撮っていただきました。

明日の安曇野スタイル2013本番当日にも
赤沼家の会場風景を撮影し、
当日の6時のニュースで放送してくださるそうです。

SBCニュースワイド。ぜひ、ご覧ください!

代表:成瀬

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013「あづみ野周遊バス」の運行。

安曇野スタイル2013期間中には「あづみ野周遊バス」が運行されます。

遠方から電車でお越しのお客さまの現地での交通手段にとても便利です! 
または、地元のお客さまも小旅行気分で 
「あづみ野周遊バス」による安曇野スタイル巡りはいかがでしょうか?オススメです!

交通渋滞・迷惑駐車防止にも貢献できるエコで楽しいバスの旅。 
ぜひ、ご利用ください!

詳しい情報は、
安曇野スタイルHP「アクセス」項目か、
安曇野市観光協会HP「現地の交通手段」をご覧ください。 

代表:成瀬 

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013・初参加の福祉施設

今年の安曇野スタイル2013には、福祉施設が初参加されています。
「れんげの家」さんと「豊科たんぽぽ」さんです。

報道関係者の注目が高いこの2組の記事は複数紙で掲載されており、
本日も「市民タイムス」さんの一面トップとなっておりました!

「れんげの家」さんはガイドマップNo.83
「豊科たんぽぽ」さんは協賛出店で、
ガイドマップNo.25「Maua」さんのブースでご覧いただけます。 

 

代表:成瀬

 

カテゴリー:

安曇野スタイル2013のマスコミ掲載

10月26日付の『松本平タウン情報』で『安曇野スタイル2013』の紹介記事が掲載されました。

2013年10月26日付松本平タウン情報

またFM長野では11月2日(土)午前11時~『Saturday D』(パーソナリティ高寺直美さん)の番組内で、
安曇野スタイルの実行委員が登場します。

少しづつですが露出が増えています。
みなさんも、ぜひ安曇野スタイル2013を、ご友人知人にお知らせくださいね。
フェイスブックでのシェア、ツイッターでのリツイートをお願いします。

ウェブサイト
http://www.azumino-style.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/azuminostyle
ツイッター
https://twitter.com/azuminostyle

(実行委員・増田)

 

 

カテゴリー:

ページ